2007年10月09日

No.03 「恋が喰べたいわ」あい杏里



『恋が喰べたいわ/あなたと三回』 あい杏里


封印された昭和お宝歌謡を発掘!
いよいよエロ歌謡登場!



1970年7月発売

ピンクのネグリジェである。


太もも
がものすごく露出している。ほんのりお色気路線を狙ったのではなく、ズバリ“エロ”を押し出している。『恋が喰べたいわ』、“食べる”ではなく、口へんの“喰べる”というのが、イヤラしさを倍増している。

なぜか英題も付いていて、
ANGELS LIKES MILK。「天使はミルクがお好き」って、いやはや真性エロ。それなのに、作詞は大御所の石坂まさを氏。「のどがカラカラなので恋が喰べたい」って詞は、ベストな自信作なんだろうか。ともかく、杏里(もちろん、“オリビア”の杏里とは無関係)はそんな歌詞を、ヨダレが口内に溢れんばかりのネットリ声で歌う。


わ〜た〜し〜ィィィ ど〜し〜た〜の〜か〜し〜ら〜ァァァァ


これ、スピーカーを通しては絶対聴けない。


そして、B面曲がまたすごいタイトル
『あなたと三回』だ。



どう考えても、この後には「シたい」と続く。題名だけで、A 級のスケベ。こちらももちろん石坂先生の超自信作。B面ジャケットにはネグリジェ姿の杏里さんがヤラシイ手つきで受話器を握っている。



そういえば、テレフォンセックスで有名になった清水節子っていたけど、今はどこに?

ところで、あい杏里さんには、この前があったのか、後があったのかは、筆者はまったく知らない。ただし、2004年に出たコンピレーション『SHOW WA! ハレンチ・パラダイス』(ピーエスシー)に、朝丘雪路『スキャンドール』なんかと収録されているところをみると、案外、名のある人かも…無責任ですが。

posted by チャンネルナックルズ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。