2007年10月18日

No.5「さだめのように川は流れる」杏真理子



『さだめのように川は流れる』
杏 真理子 後編


杏真理子を殺害した犯人タネヨシ・ミギタは他にも射殺事件を巻き起こした札つきの悪党だった。
(1981年11月28日 読売新聞より)

『さだめのように川は流れる』杏真理子前編へ

杏は恋人に殺されたのだ。阿久悠が大いなる自信を持って書いた1971年『さだめ〜』は、しかし全くの不発だった。それから3年後。阿久は新聞の小さな三面記事に杏の名を発見する。
しかもその名は

殺人事件の被害者

として紹介されていたのだった。





本名・佐藤真理子こと杏真理子は、アメリカでウエイトレスをしながら暮らしていた。日本では夢破れた杏だったが、もう一度、歌手への道を模索していたのかも知れない。だが、その夢を打ち砕いたのは、元恋人のハーフ・ミギタだった。ミギタと杏は三沢で知り合っていた。ただし、ミギタは希代の悪だった。



何度も逮捕されていたミギタは札付きの不良外人として当局のブラックリストに挙げられていた人物なのである。





そんなミギタは、杏が芸能界に入ったと知るや、「金の無心」に現れ、トラブル続きだったとも伝えられる。




その後、芸能界を引退した杏はアメリカに渡るのだが、ミギタとは切れていたかどうかは不明。しつこくミギタは杏を追って行ったのかも知れない。享年25歳。歌手復活もあり得ただろうに、杏は身勝手な男に、夢どころか命まで断たれたのであった。

posted by チャンネルナックルズ at 20:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この人に子供がいます。たしか、男の子だと記憶してます。殺された事は知らないはず。
あまりこういうのを出すことはしないほうが・・
Posted by 中年の星 at 2008年11月18日 10:11
その男の子の奥様が!
http://okwave.jp/qa2653102.html
Posted by 杏真理子ファン at 2009年10月15日 17:28
佐藤真理子さんですが、歌手になる前からよく知ってます。アメリカへ渡ってからも手紙をよく書いてくれましたが、その手紙は今は・・・
ただ、デビゥー前の彼女の写真は今も大切に持ってます。
Posted by タイコ at 2010年09月24日 01:31
杏真理子さんは小柳るみ子と同時デビューでしたが、レコード会社が一番で押したのが杏真理子で小柳るみ子は2番手でした。
当時はラジオをつければ常時デビュー曲「さだめのように川は流れる」が流されていると言うものすごく強烈なキャンペーンを張って大型新人として期待されていましたが、小柳るみ子の「私の城下町」がヒットし始めてきたため、急遽キャンペーンが中止され、小柳るみ子のキャンペーンと交代してしまいました。
Posted by opnsesame21 at 2011年11月21日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。